エクセルの明細行が1,000行を超える場合の突合方法について

変更日 Mon, 10 Jun 2024 で 01:17 PM

ジーニアルAIでは最大突合数を1,000行×20列に制限しております。

エクセルの明細行が1,000行を超える場合の突合方法について解説しています。


本記事を読むことでジーニアルAIを活用した証憑突合の基本的な認識を知ることができます。


エクセルの明細行が1,000行を超える場合の突合方法

  1. 1,000行を超える明細行を突合するとエラーが表示される
  2. サンプリング後の取引をコピー
  3. 別シートへペースト
  4. コピー先のシートで証憑突合を実行する
    a)証憑突合を始める-基本編(あいまいモード) 
    b)証憑突合を始める-応用編(チューニングモード) 



<次のナレッジ候補>

  1. エクセルデータの制限について 
  2. Excelファイルが重い場合の対処方法について 
  3. 突合結果を出力する
  4. 突合結果を調書化する
  5. 関連付けを追加・解除する
    関連付けできなかったファイルがある場合、関連付けを修正する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事に改善できることがあれば教えてください。

少なくとも一つの理由を選択してください
CAPTCHA認証が必要です。

フィードバックを送信しました

記事の改善におけるご協力ありがとうございます。