列や行が結合されている場合の突合と注意点について

変更日 Fri, 15 Mar 2024 で 05:19 PM

ジーニアルAIでは列や行が結合されていても自動照合が可能です。


本記事を読むことで、突合に関する応用的な使用方法に関して学ぶことができます。


列や行が統合されていても自動照合が可能です。



突合をする際の注意点


  1. 結合したセル内に複数のデータを保持せず、単一のデータのみ保持する
  2. ヘッダーがある状態、かつヘッダーより上の行には何もない状態で突合を行う
  3. 突合では結合範囲内で最も左上のセルのみに値が入っていると扱われる


<次のナレッジ候補>

  1. エクセルデータの制限について

この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事に改善できることがあれば教えてください。

少なくとも一つの理由を選択してください
CAPTCHA認証が必要です。

フィードバックを送信しました

記事の改善におけるご協力ありがとうございます。