エクセルの計算結果との証憑突合について

変更日 Mon, 18 Mar 2024 で 02:16 PM

ジーニアルAIは、セル式の計算結果も考慮して証憑突合します。このため、もし初回の突合でうまく突合できなかった場合、データを加工してから再突合することでうまく突合できる場合があります。


このページを閲覧することで、加工したデータとの照合について理解することができます。


エクセルの計算結果との証憑突合について

今回は税込金額の列にセル式を追加し、再突合する手順を説明します。


  1. 証憑突合を始めるの手順にて証憑突合を実行する

  2. ハイライトされなかったセルと証憑を確認し、必要に応じてデータを加工する
  3. 税込金額の列を挿入し、セル式を設定する
  4. 再突合を実行するの手順にて再突合を実行する

  5. 税込金額のセル式の計算結果を証憑と照合することができます

    ※ 今回の例のように、Excelシートには税抜金額、証憑には税込金額が載っている場合、
    税込金額の列を追加してから再突合することで一致箇所を照合することができます。

<次のナレッジ候補>

  1. 証憑突合を始める-応用編(チューニングモード) 
  2. セルに情報が集約されている時のセル分割方法について 

  3. エクセルデータ行と一致する証憑を効率的に突合させる方法について


この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事に改善できることがあれば教えてください。

少なくとも一つの理由を選択してください
CAPTCHA認証が必要です。

フィードバックを送信しました

記事の改善におけるご協力ありがとうございます。