書類(画像、PDF)を再解析する

変更日 Mon, 10 Jun 2024 で 01:41 PM

ジーニアルAIはインポートした書類(画像、PDF)について、書類で使用される言語を指定して再解析することができます。

テキストクリップやテーブルクリップ、ワードピック機能を使用した時に文字が存在しない場合や、突合処理を実行しても全くハイライトが付かないような場合に、この機能を使用することで精度が向上する可能性があります。


書類(画像、PDF)を再解析する手順

ジーニアルAIの書類(画像、PDF)の再解析する手順は以下の通りです。

  1. タスクペインの左上[]から[証憑一覧]をクリック
  2. 証憑一覧で再解析したい証憑の「再解析」ボタンをクリック
  3. 解析言語を選択
    • 自動判定
      証憑を解析して使用する言語を分析したうえで再解析を行います

    • 直接指定
      直接言語を指定して再解析を行います
      (言語は複数選択可能です)
  4. 再解析実行]をクリック
    • 注意事項
      • 一度再解析を行うと元に戻せません。元に戻す場合は該当の証憑ファイルを再度インポートしてください。
      • Word/ExcelなどのOfficeツールから作成したPDFファイルなど、もともと正確に文字情報が埋め込まれた証憑を再解析した場合、精度が変わらないか、低下する場合があります。このため、読み取り結果が大きく間違っている場合にご利用ください。
      • 証憑の状態によっては、再解析を実施しても正しく読み取れない文字が存在する場合があります。    
  5. 再解析が完了
  6. 突合実行済みの証憑は再解析を行った後、[再突合]もしくは[追加突合]を実施してください。新しい突合結果に置き換わります。


<次のナレッジ候補>

  1. 書類(PDF、画像)を追加でインポートする
  2. 再突合を実行する
  3. 追加インポートした証憑のみを突合する方法について

この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事に改善できることがあれば教えてください。

少なくとも一つの理由を選択してください
CAPTCHA認証が必要です。

フィードバックを送信しました

記事の改善におけるご協力ありがとうございます。