消込業務におけるExcel明細行と証憑ファイルとで日付が数日異なる場合の証憑突合方法について

変更日 Mon, 18 Mar 2024 で 02:18 PM

Excel明細行と証憑に記載されている日時がマッチしない場合ケースが多い「消込業務」において効率的な明細行と証憑の突合の方法について解説します。


本記事を読むことで突合に関する応用的な利用方法を学ぶことができます。


日付が異なるケースが多い「消込業務」におけるExcel明細行と証憑ファイルとの効率的な突合方法について


  1. 突合に利用している日時の列の隣にいくつか列を追加する

  2. 追加した列の左セルの日時の列に+1日ずつしたデータを入力する
    ※ Excelの数式で取引日のセルに1を足せば翌日、2を足せば翌々日を計算することができます。 

  3. 突合の実行を行い新たに紐づいた証憑を確認する
    消込業務を行う場合、取引日に対して数日ズレた証憑であるケースが多く、通常の突合では紐づかないケースが増えます。そこでExcel側に列と+1日,+2日+X日などの日付を追加することで、効率的に紐づけることが可能です。

<次のナレッジ候補>

  1. 同一価格が毎月発生している(賃料や定額契約)場合の突合設定の方法

この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事に改善できることがあれば教えてください。

少なくとも一つの理由を選択してください
CAPTCHA認証が必要です。

フィードバックを送信しました

記事の改善におけるご協力ありがとうございます。