複数のエクセルシートで証憑突合する時の注意点について

変更日 Fri, 12 Apr 2024 で 11:30 AM

複数のエクセルシートでジーニアルAIを使用して証憑突合をするときの注意点についてお伝えします。


本記事を読むことで、ジーニアルAIの突合の使用方法の応用を理解することができます。


複数のエクセルシートで証憑突合する時の注意点について

  1. 1つ目のシート(例:Sheet1)で証憑突合を実行する

  2. 別シート(例:Sheet2)でも証憑突合を実行する

  3. 最初(Sheet1)に実行した突合情報が消えて、最後(Sheet2)実行した突合情報しか見えなくなります。

  4. 最初(Sheet1)の突合情報を再度確認したい場合には、再突合を実行します。

<次のナレッジ候補>

  1. 再突合を実行する
  2. 突合結果を出力する
  3. 突合結果を調書化する
  4. 関連付けを追加・解除する
    関連付けできなかったファイルがある場合、関連付けを修正する必要があります。


この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事に改善できることがあれば教えてください。

少なくとも一つの理由を選択してください
CAPTCHA認証が必要です。

フィードバックを送信しました

記事の改善におけるご協力ありがとうございます。