Excelファイルが重い場合の対処方法について

変更日 Wed, 31 Jan 2024 で 10:28 AM

ファイルが重い場合の対処方法について解説しています。


本記事を読むことでジーニアルAIを活用したファイルの取り扱いの基本的な認識を知ることができます。


Excelファイルに保存されている証憑を削除する


  1. ジーニアルAIを利用したExcelファイルを開く

  2. 下記画像①のメニューを開く、その後②のHOMEをクリックする

  3. HOMEの選択肢の中から、最下段の[アーカイブ]をクリックし、[アーカイブを実行する]をクリック

注意点

  • アーカイブを行うとExcelファイルに保存されていた証憑は全て閲覧することができなくなります、また復旧ができません。(Excelファイル内部から削除されるだけで、Excelファイルの外にある証憑ファイルは削除されません。)
  • 再度、Excel上で証憑を閲覧する場合は再インポート行う必要があります。
  • Excelファイルを保護状態にする(ブックの保護やパスワード保護などを行う)とアーカイブを実行できません。保護前にアーカイブしてください。
  • アーカイブ実行後にExcelファイルを上書き保存することでアーカイブが完結します。保存せずExcelファイルを閉じるとアーカイブが無効になります。


この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事に改善できることがあれば教えてください。

少なくとも一つの理由を選択してください
CAPTCHA認証が必要です。

フィードバックを送信しました

記事の改善におけるご協力ありがとうございます。